筋肉痛のときでもエクササイズした方がいい?

こんにちは!

personal gym Shinの飯島です。

今回はよくある質問「筋肉痛のときも運動した方がいいですか?」に対して解説していきます。出産後に運動を頑張っている方やダイエットに取り組んでいる方からよく聞かれる内容です。

これは、「休まないといけないケースもあるし、運動していいケースもある」というのが実際のところです。

「答えになってない!」と思う方が多いと思いますので、細かい解説を以下でしていきます。

エクササイズで筋肉痛が起きる理由

まず、ここから理解する必要があります。

エクササイズをすることで筋肉というのは損傷が発生します。この損傷が小さければとくに反応はないです。

ただ、筋肉の損傷が大きくなってくると壊れた筋肉を修復する反応が起きます。このときに「筋肉痛」という反応としてカラダに現れます。

筋肉痛はつらいですが、狙った部位に出ていればしっかりとしたフォームでできている目安になります。

しかし、鍛えた部位と違うところに筋肉痛が出てしまうと、それは意図していない部位に効いてしまっていることになるので、フォームが崩れている目安になります。

少し脱線しましたが筋肉痛というのは筋肉に損傷が発生したときの反応になり、エクササイズ翌日〜2日目あたりが強く出やすいタイミングになります。

原則、筋肉痛のときはエクササイズを休んでOK

基本的に筋肉痛のときはエクササイズは休んでOKです。

筋肉痛のときは筋肉が損傷しているので、本来の力を発揮することはできません。そのため、ある程度休ませることが必要です。

実は、損傷が回復して筋肉痛がなくなったときは、以前よりも強くなって回復しているという特徴があります。エクササイズを繰り返すことで徐々に筋肉が強くなり、回数を増やしたり、よりレベルの高い種目をしやすくなってきます。

よく勘違いしやすいポイントとして、「毎日エクササイズしないと今までの努力が無駄になる」というものがあります。

先ほども書いた通り、筋肉は休んでいるときに成長します。そのため、毎日エクササイズをしなくても十分効果を得ることができます。

軽めの筋肉痛ならエクササイズしても問題ない

強めの筋肉痛が出てしまった場合は休んだ方がいいですが、「微妙に筋肉痛が残っているけど普通に動ける」というケースではエクササイズしても大丈夫です。

エクササイズを始めた段階などは筋肉痛が強く出やすいですが、慣れてくるとそこまで強い筋肉痛は出てこないです。その場合は、気にせずエクササイズをしていきましょう。

有酸素運動なら毎日エクササイズを継続してもOK

エクササイズと行っても種類はいろいろあります。

スクワットや腹筋などの負荷が大きいエクササイズは筋肉痛が出てきやすいですが、ウォーキングなどの有酸素運動はカラダへの負荷は小さいです。

有酸素運動というのは疲労が大きくなければ継続してOKです。むしろ頻度を増やしていった方が効果は大きくなります。

鍛えたい部位が複数あるときのメニュー構成

ダイエットやカラダ作りをしている方のほとんどは鍛えたい部位や細くしたい部位が複数あると思います。エクササイズをして筋肉が強く出てしまう場合、日によって鍛える部位を分けることをオススメします。

例えば、スクワットの日・腹筋の日というように、一日おきにエクササイズをするパターンです。一部位だけを狙って鍛えるやり方であれば、他の部位は休ませることができます。

また、一日でいろいろなエクササイズをしなくてもいいので、疲労も少なく時間も短く済みます。

毎日エクササイズをしなくても効果は得られる

ここまでの通り、毎日全力で頑張らなくてもエクササイズ効果を出すことはできます。鍛える日を部位ごとに分けたり、うまく休みを入れたりすれば精神的にもラクになるので継続しやすいです。

ダイエットの悩みは湘南台のパーソナルジムShinにご相談ください

ダイエットを成功させるには正しいフォームでエクササイズを継続することは必須です。ただ、効果を出すためのエクササイズは専門知識が必要です。

もし、何年もダイエット失敗を繰り返して悩みを抱えている方がいましたら迷わずパーソナルジムShinにご相談ください。

短期間で理想のカラダを手に入れるためのサポートをさせていただきます。初回は体験コースもありますので、ぜひお問い合わせください。




基本的に当ジムのコースを受ける前に必ず体験コースを受講していただいております。それは「本当に自分に合った内容なのか?」というものは、実際に体験しないとわからないからです。

「思ってたのと違う!」というようなトラブルを避けるため、当ジムのサポート内容に納得をしていただいてから正規コースに移行する形を取らせていただきます。



WEB予約の場合は年中無休・24時間対応をしております。当サイトを営業時間外にご覧になっている場合はWEBからお問い合わせください。

WEB上の空き時間と実際の空き時間にズレがある場合があります。ご了承ください。また、他のお客様のサポート中は電話に出ることができません。その際は折り返しお電話をさせていただきます。