ダイエットが上手くいかないときに肌荒れする人が多い理由

こんにちは!

personal gym Shinの飯島です。

今回は「ダイエット中の肌荒れ」について解説していきます。

普段から肌トラブルが一切ないという方は少数派だと思います。大なり小なりお肌に関して悩みのある方が大半ではないでしょうか?

とくにダイエットをすると肌荒れが悪化する方が多いです。もちろん体質や肌質も関係しますが、ダイエット中に肌が荒れやすくなるのは理由があります。

細かくチェックしていきましょう。

肌が荒れるときは「脂質」が不足している

ダイエットの大敵は「脂質」だと考えている方が多いはずです。これは間違いではありません。

ただ、脂質はカラダにとって重要な栄養素でもあります。

例えば、脂質は「保湿」「ホルモン生成」などに大きく関与します。

脂質が不足してしまうことで純粋に肌の保湿力が低下し、ホルモンバランスが崩れやすくなることで「ターンオーバー」という肌の回復サイクルが遅くなります。

しかし、「ダイエットを成功させるには脂質をカットすべき」という情報をよく見かけませんか?

これは合っています。ただし、次の項目を読んでください。

脂質には複数の種類がある

「脂質」と一言に言っても種類はたくさんあります。

例えば、「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」「DHA」「オメガ3系脂肪酸」という良質な脂質があります。どれか一つは聞いたことがあるのではないでしょうか?

それらを一つずつ覚えるのは大変なので、まずは大まかに「いい脂質」「悪い脂質」に分類されることを知っておいてください。

脂質の名称は覚えなくてもいいので、脂質には良し悪しがあるという認識でOKです。

カラダに必要な脂質が不足しているケースが大半

日常では、意識しなければ悪い脂肪が多く含まれた食品を選びがちです。

例えば

・お菓子

・ファーストフード

・コンビニ食

・お惣菜

など、基本的に良質な脂質は摂取しにくいです。

そのため、カラダに必要のない脂質は余分に摂取してしまい、良質な脂質が不足してしまっていることがほとんどです。実は、肥満の方でも良質な脂質が足りていないことが大半になります。

では、どんな食材に良質な脂質が含まれているのでしょうか?

良質な脂質を摂取するのにオススメの食材

・アボカド

・ナッツ類(とくにマカダミアナッツ)

・青魚

・オリーブオイル

・ココナッツオイル

・ごま油

購入しやすい食材はこのようなものになります。

しっかりと体型を維持している方は肌がキレイであることが多いですが、これは栄養バランスが取れている可能性が高いです。

もちろん化粧水などのケアも大事ではありますが、実は食事内容の方が肌への影響は大きくなります。

ダイエットではやみくもに食事量を減らしてはいけない

ダイエットをする際、ほとんどの方は真っ先に食事量を減らそうとします。

余分な食事をカットするのはいいですが、必要な栄養素もカットしています方が非常に多いです。

その際、とくに不足しやすいのが良質な脂質です。もともと摂取量を確保しにくい栄養素であるにもかかわらず、やみくもに食事量を減らすことでより一層脂質が不足します。

その結果、肌が乾燥して荒れやすくなり、ホルモンバランスが崩れてダルや体調不良が起きやすくなります。

まとめ

このようなことから、ジャンクフードやお菓子などをまずカットして、前述した良質な脂質を含む食材を積極的に選んだ方がいいです。

「とにかく食事量を減らす」のではなく、何をカットして何を摂取すべきかの見極めがダイエットを成功させるために重要なポイントになります。

正直、すぐに栄養知識を身につけていくのは難しいです。

正しい知識をもってカラダ作りができるようになるまでは時間がかかりますが、このメルマガを通じて少しずつでもいいのでカラダに対する知識を蓄えていってください!




基本的に当ジムのコースを受ける前に必ず体験コースを受講していただいております。それは「本当に自分に合った内容なのか?」というものは、実際に体験しないとわからないからです。

「思ってたのと違う!」というようなトラブルを避けるため、当ジムのサポート内容に納得をしていただいてから正規コースに移行する形を取らせていただきます。



WEB予約の場合は年中無休・24時間対応をしております。当サイトを営業時間外にご覧になっている場合はWEBからお問い合わせください。

WEB上の空き時間と実際の空き時間にズレがある場合があります。ご了承ください。また、他のお客様のサポート中は電話に出ることができません。その際は折り返しお電話をさせていただきます。