ダイエットとお酒(アルコール)の関係|湘南台 ジム

こんにちは!personal gym Shinの飯島です。

今回は「ダイエットとアルコールの関係」について解説します。

一般的に「お酒は太る」というイメージがありませんか?これは間違っていません。ダイエットを成功させるためにお酒は控えるべきです。

ただ、なぜアルコールがダイエットに悪影響を及ぼすのか?という理由はあまり知られていません。お酒を控えるべき理由は大きく分けて2つです。

以下で確認してみましょう!

お酒(アルコール)がカラダへ及ぼす影響

まず一つ目は「肝臓の機能低下」です。

「アルコール=肝臓に負担が掛かる」これは広く知られていますが、肝臓というのは脂質や糖質を蓄えたりする器官でもあります。

基本的に消費できなかったカロリーはいきなり脂肪にはならず、筋肉や血管・肝臓などに一旦蓄えられます。

それでも余ったカロリーが皮下脂肪になります。余ったカロリーをいきなり脂肪に変えず筋肉や血管に振り分けるのが肝臓の役目です。

しかし、ここで問題なのはお酒を摂取するとで、肝臓はアルコールの分解作業に追われます。

お酒(アルコール)を飲むと脂肪が増える理由

アルコールの分解が遅れると身体にダメージが残るので、肝臓はアルコール分解作業に専念する状態になります。この状態になると、余ったカロリーを筋肉や血管に振り分ける作業は停止しまうのです。

ということはどうなるのでしょうか?

結論を言いますと

「余ったカロリーはダイレクトに皮下脂肪に蓄えられる」という事態が発生します。要はアルコールを摂取することで「効率よく脂肪を蓄える作業」をしているという状態になってしまうのです。

そして、アルコールがダイエットに悪影響だという理由の2つ目は「おつまみ」です。お酒自体のカロリーはさほど高くないので、お酒だけで太るというのは考えにくいです。

そのため、食事とおつまみ選びが重要になります。ただ、どうしてもお酒を飲むときは食事内容も緩みがちになりますよね?

特に居酒屋では唐揚げやポテトなどお酒に合うおつまみは高カロリーの食べものが多くないですか?お酒を飲みながら唐揚げとポテトを食べる・・・

前述したように、お酒を飲むことで脂肪が付きやすいことは理解していただけたかと思います。

居酒屋でオススメのメニュー

脂肪を蓄えやすい状態で高カロリーの食材を食べることでよりダイエットで成功しにくくなることは想像できますよね?

このようなことから、ダイエット中にお酒を飲む場合は食事・おつまみの内容に注意をしましょう。(飲まないことが理想ですが)

もし居酒屋に行った場合は

・枝豆

・サラダ(ドレッシングは和風)

・冷奴

・ほっけ

などを選ぶのがオススメです。

お酒が好きな人は完全に断つことは難しいと思うので、できるだけ余分な脂肪を摂取しないような工夫が重要になります。

ただし・・・くれぐれも飲み過ぎには注意です!

湘南台でジム通いを始めようと考えている方へ

パーソナルジムShinはダイエットに特化したジムです。

完全マンツーマン指導のため、一人ではできない「正しいフォーム」「適切なメニュー構成」というものが可能になります。

カラダ作りは専門知識が要求されるため、一人でジムに行ってもなかなか結果が出ません。そこでパーソナルジムに行くことで、課題が明確化されます。

筋肉に対して適切なアプローチをすることで理想のカラダを手に入れやすくなります。「あの人はいつまでも綺麗!」「年齢より若く見える」と言われるようなサポートをいたしますので、興味のある方は初回体験コースを受講してみてください。




基本的に当ジムのコースを受ける前に必ず体験コースを受講していただいております。それは「本当に自分に合った内容なのか?」というものは、実際に体験しないとわからないからです。

「思ってたのと違う!」というようなトラブルを避けるため、当ジムのサポート内容に納得をしていただいてから正規コースに移行する形を取らせていただきます。



WEB予約の場合は年中無休・24時間対応をしております。当サイトを営業時間外にご覧になっている場合はWEBからお問い合わせください。

WEB上の空き時間と実際の空き時間にズレがある場合があります。ご了承ください。また、他のお客様のサポート中は電話に出ることができません。その際は折り返しお電話をさせていただきます。