ダイエット中の間食は”悪”なのか?|湘南台 パーソナルジム

こんにちは!personal gym Shinの飯島です。

今回はダイエット中の「間食」について解説していきます。

基本的にダイエットにおいて「間食=ない方がいい」という認識だと思いますがいかがでしょうか?

まず結論から言いますと、ダイエット中でも間食はOKです。ただ、内容よって間食は敵にも味方にもなりえますので注意が必要になります。

ダイエット中に選ぶべき間食

例えば、間食に「ケーキ」と「こんにゃく」を食べた場合、どちらが太りやすいかは一目瞭然よね?極端な例ではありましたが、同じ「間食」と一言に言っても選ぶ食材で大きく結果が違います。

では、間食をなくせばいいのかと言いますと、そうではありません。私が行うダイエット指導では、むしろ間食は積極的に入れてもらってます。

理由として、常に空腹を我慢していれば必ずどこかで反動がくるからです。そのため、ダイエットを”継続”するという観点から見ますと間食は必要不可欠だと言えます。

そこで、私がオススメするのは間食のパターンを3つくらい持っておくことです。

例えば、間食に向いているものとしては

・ミックスナッツ

・ヨーグルト

・ゼリー

・フルーツ

などです。

これらは栄養価も高いのでオススメです。

飲み物でいえば

・豆乳

・コーヒー(ミルク・砂糖少なめ)

なんかがオススメです。

最近の流行では「アーモンドミルク」「オーツミルク(オーツ麦を水で混ぜたもの)」というなんかは美味しくてオシャレでいいと思います。

もちろん、摂りすぎは禁物ですよ!

ダイエット中に絶体に避けるべき間食

ダイエット中でも必要な栄養素はしっかり確保しなくてはなりません。間食を上手に使えば空腹感も出にくく、栄養補給にも効果的です。

ちなみに、間食で避けるべきものは

・スナック菓子

・スイーツ

・菓子パン

・ジュース類

になります。

上記に挙げたものは高カロリーになるため避けるべきです。

もし、どうしても食べたいときは少量にして食べ、朝食や夕食のどちらかの食事内容を調整しましょう。

「とにかく食事量を減らす」「ずっと我慢しなければ痩せない」という考えは捨てたほうがいいです。

たまには不摂生もありですし、そうでなければストレスが溜まって息苦しくなります。

なので、いかに「節制と不摂生のバランスを取るか」という思考が重要です。週に2〜3食は好きなものを食べ、それ以外はできるだけ食事の質と量を気を付けるという考えの方が継続しやすいと思います。

そこで、無理に空腹時間を長くするよりも、適量の間食を入れることで上手くダイエットを成功させていきましょう!

ダイエットでお悩みの方は湘南台のパーソナルジムShinにご相談ください

ダイエットに取り組む方は多いですが、なかなか結果を出せない方が非常に多いです。それは努力が足りないことよりも「正しい知識」が足りないことで結果を出せていないパターンがほとんどになります。

せっかくの努力を無駄にしないためにもまずは当ジムへご相談ください。早めに専門知識を身につけることができれば、それだけ理想のカラダでいられる時間が長くなります。

貴重な時間を無駄にしないためにもまずは体験コースを受講してください。




基本的に当ジムのコースを受ける前に必ず体験コースを受講していただいております。それは「本当に自分に合った内容なのか?」というものは、実際に体験しないとわからないからです。

「思ってたのと違う!」というようなトラブルを避けるため、当ジムのサポート内容に納得をしていただいてから正規コースに移行する形を取らせていただきます。



WEB予約の場合は年中無休・24時間対応をしております。当サイトを営業時間外にご覧になっている場合はWEBからお問い合わせください。

WEB上の空き時間と実際の空き時間にズレがある場合があります。ご了承ください。また、他のお客様のサポート中は電話に出ることができません。その際は折り返しお電話をさせていただきます。