空腹時はダイエットのゴールデンタイム!?痩せるメカニズムを解説

こんにちは!personal gym Shinの飯島です。

今回は「実は空腹時はダイエットを効率的にしやすい」というお話をさせていただきます。

日常生活のなかでおなかが減ったとき、どうしてもすぐに食事やお菓子を食べたくなりますよね?気持ちはよくわかりますが、少し待ってください!

なぜかと言いますと、空腹時はダイエットのゴールデンタイムだからです!

理由として、おなかが減ったときというのは脂肪燃焼しやすい状態と言えます。カラダのエネルギー源は糖質だということはみなさん知っていますよね?

ダイエットで効率よくエネルギーを消費する方法

実は糖質は主に「肝臓」「筋肉」「血管」などに貯蔵されています。それらに貯蔵できる量を超えてきたとき、「皮下脂肪」として蓄えられます。

「皮下脂肪」と聞いて良いイメージはないですよね?できるだけ少なくしたいはずです。

このとき、日常生活の中でエネルギーが消費され、さらに貯蔵されていたエネルギーが枯渇してきたとき、皮下脂肪をエネルギー源として使う働きがカラダのなかで起きます。

この働きが起きたときは効率よくダイエットを進められます。なぜなら、余分な体脂肪を燃焼しているからです。

シンプルにイメージすると

空腹になる

「肝臓」「筋肉」「血管」からエネルギー源を補給される

さらに貯蔵されたエネルギー源が減る

皮下脂肪をエネルギー源に変換する

無駄な脂肪が減る

という流れです。

要は、空腹時の過ごし方を上手く使えばダイエットを成功させやすくなります。そこで問題になるのが1日の中で空腹を感じる場面が少ないときです。

「空腹感」はある意味チャンス

先ほども書いた通り、余った糖質は「肝臓」「筋肉」「血管」にエネルギーが貯蔵されています。それらの場所にたくさんエネルギー源が余っていると空腹になりにくいです。

要は、「食べ過ぎ」の状態ですね。なので、空腹があまりこない方は、1日の食事量を少なくしてみることをオススメします。

逆に、空腹時間が多い場合、その時間に食べ過ぎ等せずに上手く過ごすことができればダイエット成功が近づきます。(大変ですが・・・)

注意ポイントとしては空腹時に食事を長時間我慢したり、運動を長時間した場合

①カラダへの疲労が大きくなりやすい

②空腹感が強すぎるため「ドカ食い」をしやすい

という状態になります。

ダイエットでは我慢のしすぎにも注意が必要

空腹時が来た場合の対応としてはまず以下のような取り組みをして慣れていくのがオススメです。

・次の食事まで間食を我慢するor減らす

・数分程度でもいいのでエクササイズしてみる

最初から全ての食事で節制をするのは現実的に難しいので、まずはできるものから取り組むことをオススメいたします。モチベーションだけに頼ったやり方をすると、どこかでリバウンドします。

細かい習慣を徐々に変えていくことが、実はダイエット成功への近道です。ダイエットで真っ先にやってくる「空腹感」は最初の難関です。慣れるまでは難しいですが、空腹感があっても余分な脂肪を減らす「チャンス」だと思ってぜひ試してみてください!




基本的に当ジムのコースを受ける前に必ず体験コースを受講していただいております。それは「本当に自分に合った内容なのか?」というものは、実際に体験しないとわからないからです。

「思ってたのと違う!」というようなトラブルを避けるため、当ジムのサポート内容に納得をしていただいてから正規コースに移行する形を取らせていただきます。



WEB予約の場合は年中無休・24時間対応をしております。当サイトを営業時間外にご覧になっている場合はWEBからお問い合わせください。

WEB上の空き時間と実際の空き時間にズレがある場合があります。ご了承ください。また、他のお客様のサポート中は電話に出ることができません。その際は折り返しお電話をさせていただきます。