夜遅くの食事は太りやすい?ダイエットで必須知識を解説

こんにちは!personal gym Shinの飯島です。

今回は食事の時間帯によってダイエットの効率に影響が出るのか?について解説していきます。多くの方が食事の時間帯でダイエット効果に差が出ると考えています。

結論から言いますと「夜遅くの食事=太る」というわけではありません。以下で理由を解説していきます。

食事の時間帯よりも一日の総カロリーが重要

今より痩せるという観点では”一日全体の食事量”が重要な指標になります。そのため、夜遅くの食事によって罪悪感を感じる必要はありません。

「寝る前に食べると太る」

「夜遅くに食事をしたら脂肪が付きやすい」

というキーワードをよく見かけますが、夜の食事だから太るという根拠はないという研究データが増えています。

よく「18時以降は何も食べない」「夜の糖質は控える」というダイエットをしている方が多くいます。しかし、18時前に摂取したカロリーが多ければ太りますし、昼間に糖質をたくさん摂取してしまえば太ります。

メディアの情報は一部分だけを切り取って発信しているため、表面だけをマネしてもダイエット効果は出ません。

実際、私は仕事終わりにトレーニングをしてから帰宅をするので、夕食は23時〜24時くらいに食べることが多いです。ただ、一日の総カロリーをコントロールしているので体型が崩れることはありません。

夜遅くに食事をするときに意識すべきポイント

前述した通り、食事の時間帯よりも一日の総カロリーが重要であるのは間違いありません。ただ、夜遅い時間帯に食事をする場合に意識すべきことがあります。それは「食事をしてから寝るまでの時間」です。

まず、食事をしてから寝るまでの時間を挙げる理由として「内臓疲労」があります。寝る直前に食事をした場合、実は睡眠中であっても胃腸はフル稼働します。

本来は内臓を休めたいのですが、寝ているときに消化吸収の活動をすることで、翌朝になっても回復せず内臓の疲労は残ったままになるのです。

内臓が疲労したままだと代謝機能が低下してしまい、それによってカロリーを消費する量が少なくなってしまいます。

このようなことから、理想としては食後から寝るまでの時間は3〜4時間確保したいところです。しかし、仕事などの都合で難しい場合もあるかと思います。

また、家事・育児で忙しいとどうしても夕食の時間が遅くなりがちですよね?

食後から寝るまでの時間を十分に確保できないときは

・夕食の量を若干少なくする

・脂肪分の少ない食事内容にする

このような対策を取ることが大事です。

食事量を調整することができれば夜遅くなってしまっても、そこまで気にする必要はありませんが、寝るまでの時間が短い場合は上記の対策を意識してみてください。

ダイエットサポートは湘南台のパーソナルジムShinにおまかせください

当ジムはダイエットサポートに専門特化しています。

ダイエットというのはとにかく我慢をすればいいのではなく、正しい知識を持ってうまく節制と不摂生のバランスをコントロールすることが重要です。

知識がなければ無理な食事制限をしてしまいがちですが、カラダに関する知識がることで無駄なストレスを感じることなくダイエットを成功させることができます。

どのような形でサポートを進めていくのか興味がある方は、まず初回体験コースを受講してください。そこで、自分に合ったパーソナルジムであるかどうかを判断していただければと思います。




基本的に当ジムのコースを受ける前に必ず体験コースを受講していただいております。それは「本当に自分に合った内容なのか?」というものは、実際に体験しないとわからないからです。

「思ってたのと違う!」というようなトラブルを避けるため、当ジムのサポート内容に納得をしていただいてから正規コースに移行する形を取らせていただきます。



WEB予約の場合は年中無休・24時間対応をしております。当サイトを営業時間外にご覧になっている場合はWEBからお問い合わせください。

WEB上の空き時間と実際の空き時間にズレがある場合があります。ご了承ください。また、他のお客様のサポート中は電話に出ることができません。その際は折り返しお電話をさせていただきます。