プロテインダイエットの落とし穴

こんにちは!パーソナルジムShinの飯島です。

今年もよろしくお願いいたします。これからも有益な情報をお伝えできるように頑張ります!

さて、お正月明けということで体重が増えてしまった方も多いのではないでしょうか?1月は心機一転でダイエットを始める方が多いので、参考にしていただければ嬉しいです。

では本題に入ります。

タイトルにもありましたようにプロテインについて取り上げますが、今回の内容はプロテインに限らずサプリメント全般に言える内容です。

プロテインを飲んでいない方でも必要な知識になりますので、ぜひ最後までお読みください。

プロテインの効果

まずプロテインの役割ですが、これはタンパク質の補給です。効率よくタンパク質を摂取できる食品は肉や魚ですが、多く食べると脂質も一緒に摂取してしまうデメリットもあります。

ただ、プロテインであれば高タンパク低カロリーになるため、ダイエット中にはぴったりなサプリメントです。

プロテインのメリットがデメリットにもなりうる

万能にも思えるプロテインですが、注意すべきポイントもあります。

まず、プロテインのメリットは高タンパク低カロリーに加えて「吸収の速さ」があります。

これはメリットでもありますが、デメリットにもなりえます。

例えば、起床時やトレーニング後など、タンパク質をすぐに吸収したいタイミングではプロテインは強い味方になります。

ただ、日常の食事代わりとして頻繁に飲み、食品からの栄養摂取を減らしてしまうと逆にダイエットの効率を下げてしまうこともあります。

内臓の消化活動もエネルギー消費している

サプリメントの役割はあくまで「補助」であり、「メイン」にしてはいけません。

栄養素の含有量が多いからといって一気に食事量を減らしてしまうと、内臓の消化活動はあまり行われなくなります。

実は想像以上に人間のカラダは消化吸収でエネルギーを消費しています。そのため、食品からの栄養摂取はかなり重要です。

代謝機能が高くない状態で食事量を減らし、サプリメントに頼るとカラダは省エネモードになります。要は、脂肪を燃焼しようとしなくなります。

このようなことから、ダイエット中であっても極端な置き換えダイエットは避けた方がいいでしょう。

もちろん、糖質・脂質を余分に摂取するのはよくないので、食事の量を含めたバランスは大切ですよ!

プロテインを有効に使う方法

では、どのタイミングでプロテインなどのサプリメントを使うべきでしょうか?

もしエクササイズをされている方は終わった後の栄養補給として摂取するのがオススメです。

それ以外で言いますと、起床時・夕方・就寝前などです。

朝起きた直後は栄養が枯渇している状態なのでオススメのタイミングです。朝食はそこまで食欲がない方などは、プロテインに加えて少量のフルーツだけにしたりするのもいいでしょう。

逆に、朝はしっかりと食べないと力が出ない方は夕方や就寝前などがオススメです。

この時間帯はちょっとした空腹でお菓子を食べてしまう方が多いので、お菓子をプロテインに置き換えすると余分なカロリーを抑えることができます。

最も重要なのは食事改善

先にも書きましたが、ダイエット中でも食事から栄養を摂取するのが重要です。サプリメントをメインにするのではなく、補助食品として上手く利用すればダイエットの強い味方になります。

ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。




基本的に当ジムのコースを受ける前に必ず体験コースを受講していただいております。それは「本当に自分に合った内容なのか?」というものは、実際に体験しないとわからないからです。

「思ってたのと違う!」というようなトラブルを避けるため、当ジムのサポート内容に納得をしていただいてから正規コースに移行する形を取らせていただきます。



WEB予約の場合は年中無休・24時間対応をしております。当サイトを営業時間外にご覧になっている場合はWEBからお問い合わせください。

WEB上の空き時間と実際の空き時間にズレがある場合があります。ご了承ください。また、他のお客様のサポート中は電話に出ることができません。その際は折り返しお電話をさせていただきます。